STAFF BLOG Facebook

pr_02

◆GREETINNG

ようこそ ヴィンテージ加工壁板の専門店へ

伊勢神宮でよく知られた三重県は南北に長く、温暖で雨量も多いため杉や桧が立ち並ぶ美しい山々に恵まれています。弊社はその中勢地域にある亀山市で1930年(昭和5年)から材木屋を営んでいるなかの材木株式会社と申します。

私で三代目となる材木屋という職業柄、日本の林業・建設業・住宅産業の変遷を見守ってまいりました。そうして、木の良さを伝え続けてまいりました。良さを理解していただける方とのつながりを大切にしてまいりました。

しかし、本物の木材が使われる機会が減ってきているのが現状で、木のぬくもりの良さを知っている私たちにとっては、それはとても悲しいことであり、残念なことだと感じています。

そんな中で、私たち材木屋にできることは

「木を愛し育てる人の手から、木を愛し使っていただく人の手へ」

とつなぐことが使命だと感じております。

◆CONCEPT

WOOD LOVER’S(ウッドラバーズ) 

  1. 木を愛する人が作った商品は、必ず人を幸せにする。
    我々は木を心から愛している集団です。大地の恵みに感謝し、愛情込めて製材、保管、販売して皆様に笑顔になっていただくことが企業理念でもあります。そんな我々が商品開発をした商品は、関わる方々を幸せにすると確信しています。
  2. 無垢の木の経年変化しかもたらすことのできない風合い・風格。
    無垢の木の一番の特徴は経年変化により自然素材ならではの風合いや風格がでて、愛着が生まれることだと考えます。試作を繰り返し、独自の加工技術でその“愛着感”を再現した商品です。こだわりの店舗や住宅など、“愛着が持てる空間づくり”に活用下さい。
  3. 木と対話しながら一つひとつ手作りする喜び。
    腕のいい大工は「木と対話しながら木を使う」と言います。木は生き物です。一本として同じものはありません。それらを1つひとつ見ながら、加工し、塗装します。そうして出来上がった商品の表情は同じものは一つもありません。すべてがオリジナルです。
  4. 三重県材ならではの繊細さ・強さ・つや。
    三重の地は温暖な気候と豊富な降水量に恵まれ、古くからスギ、ヒノキを中心とした造林が進み豊かな森林が育まれてきました。三重で生産される木材は、高い密度で植栽し、間伐を繰り返すことにより、通直で年輪幅が細かく、強度もあって、光沢にも富んでいます。
  5. 木を愛する人とのつながりとその先にあるもの。
    材木屋が自社で商品を開発し、それを全国に販売するというのは新たな挑戦です。きっと、今までは出会えなかった「木を愛する人」に出会うチャンスに恵まれ、材木屋としてさらなる開発を重ねることで未知の可能性の扉を開けそうな予感がしています。
[`evernote` not found]
LINEで送る